ホーム > 技術開発情報

技術開発情報

技術開発情報

メカニカルチューブテストセンター(部品評価試験設備)やハイドロフォーミング試験設備を有効に活用し、需要家の皆様の部品設計開発への万全な協力体制を支えています。

技術開発の方針

時代に先駆けた技術開発・お客様のニーズにあった技術開発・製品開発

軽量化対応型
  • ハイドロフォーミング技術
  • 丸棒からの中空化(パイプ化)技術
  • 高強度鋼管化
環境対応型
  • 自動車排ガス用ステンレス鋼管の耐熱材開発
コストダウン対応型
  • ハイドロフォーミング技術

主な新技術の開発事例

3次元熱間曲げ焼入れ(3DQ)

CO2削減を目的とした軽量化や安全性の向上という自動車のニーズに応えるため、3次元熱間曲げ焼入れ(3DQ)を新日鐵住金グループで開発いたしました。
様々な形状の鋼管を素材として、3次元形状の超高強度な自動車部品を1工程で製造できる世界初のプロセスです。鉄の良さを究極まで引き出すことが可能になりました。
当社尼崎製造所にプロトタイプ機を設置し、開発を進めております。実自動車部品の製造が可能な設備で、少量の試作にも対応いたします。

高延性ミル

パイプを加工されるお客様の「もっと加工性の良いパイプを」という要求に応えて、パイプ成形時の加工ひずみを極力小さく抑える成形機(ミル)を開発。
パイプの伸び値が約10%向上し、加工性を大きく改善。

ハイドロフォーミング

ハイドロフォーミングは、自動車の軽量化,コストダウンを図る新加工技術として、最近注目されています。当社では、ハイドロフォーミングに適した鋼管を開発するために、他社に先駆けてハイドロフォーミング実験機を新日鐵住金(株)に設置し研究開発を実施しています。
実部品製造可能な設備で、お客様の部品開発にもご協力可能です。

軽量化対応鋼管の開発

地球環境対策より、自動車の燃費向上のための軽量化が最重要課題です。
当社ではこれに対し、丸棒を使用していた部品へのパイプの適用(中空化)や、高強度鋼管を開発しております。

メカニカルチューブテストセンター

パイプを使用した実部品の評価を目的に、各種試験設備を集約したメカニカルチューブテストセンターを日鉄住金テクノロジー(株)に設置しております。 ここでの試験結果,データはお客様が部品を開発する上で有効に使われています。
鋼管メーカでこのような部品にまで立ち入って各種試験が出来るのは日鉄住金鋼管だけです。